四月大歌舞伎 第三部2021/04/06 00:47

2021年4月5日 歌舞伎座 午後6時開演 1階13列14番

「桜姫東文章 上の巻」

36年前の3月に「桜姫東文章」を観てすっかり心を奪われてしまい、今に至る。
8月以来、わりに淡々と歌舞伎を観てきたが、二度と観られないと思っていた玉三郎と仁左衛門の「桜姫東文章」が本当に観られるのかと思うと少しドキドキした。牡丹灯籠以来のポスターも買って玄関に貼った。

36年前に観た後に舞台写真満載の旺文社の文庫で復習したし、玉三郎と段治郎のも観たし、福助と海老蔵のも観たが、初めて見るような気がする部分も多かった。

序幕は花道でやっていた印象だったが、最後は舞台の上に稚児が淵ができて、香箱を持った白菊丸(玉三郎)が海に身を投げた。玉三郎はこの後、新清水の場で桜姫として登場するから早変わりになるのか、と思っていると、幕の前に功一が現れて、きょうの芝居は上の巻で、新清水の場は序幕から17年後のことである、と口上を述べた。

パッと明るくなる新清水の場は、赤い衣装の玉三郎。弟の松若は千之助だ。36年前は孝太郎だった。
清玄が念仏を唱えると、尼になりたい桜姫の手が開き、香箱が転がり落ちる。それを見て、桜姫は白菊丸の生まれかわりと知る清玄。桜姫を出家させると言って上手にはける。

桜姫一行が引き上げた後、局の長浦(吉弥)が一人で誰かを探しているような雰囲気で花道から出てきた。僧の残月(歌六)と落ち合って色っぽく迫る。この二人は最後までとても面白くて好きだ。残月の役は錦之助の方が年下の男の雰囲気があって良かったのではないかと思う。歌六の方がうまいが。

以前桜姫との縁談を断った悪五郎(雁治郎)は、桜姫の左手が開いたと知って気を変え、長浦に恋文の取次を頼むが、「左手が開いたら、お前なんか相手にしないわ、ふんっ」と断られてしまう。そこに、釣鐘権助に替わった仁左衛門が登場して、桜姫に手紙を届けてやろうと言う。権助は実は桜姫の父と弟を殺した男だった。

草庵の場。剃髪を待つ桜姫に、権助が悪五郎からの手紙を渡すが桜姫は復縁を拒む。
幽霊の話をする仁左衛門はいつもながら語りがうまい。
権助の腕の入れ墨を見た桜姫はハッとし、腰元たちを下がらせ、権助を中に呼び入れる。仁左衛門の草履の扱いが手慣れた感じでいい。
玉三郎が袖を顔の近くに持って権助を呼び入れるあたりの客席の雰囲気は、与三郎が「ご新造さんへ~」の台詞を始める直前の客席に似ていて、皆が固唾をのんで見守っている。
桜姫は権助に自分の腕の入れ墨を見せ、去年のことが忘れられずに同じ入れ墨を入れたと語る。そのときに子供ができて生まれた子供はよそに預けてあることも。
その後は濡れ場になるわけだが、初見のときに私には玉三郎が嬉々としてラブシーンを演じているように見えた。それは、権助に再会できた桜姫が喜んでいたということだろう。
横になった二人を隠すように御簾が下りた後、残月が上手からフラフラと出てきて、しきりと口を拭う。それを追うように長浦が出てきて、二人でこっそりと中を覗く。その後の興奮した様子の長浦と、それに怯える残月が笑わせる。

悪五郎も加わって、桜姫が寝ている現場に踏み込む。権助は逃げる。桜姫が責められているところに清玄が現れて桜姫を庇うが香箱の中に清玄の名を書いたものが入っていたので、相手は清玄だろうと言われ、寺を追放されることになった。
残月は清玄に替わって住職になろうとするが、長浦との不義が露見して、やはり追放される。

稲瀬川の場では桜姫と清玄が鞭打ちの刑を受けるが、この場面は記憶にない。
赤ん坊を預かっていた夫婦が、もう金が出ないからと赤ん坊を返しに来た場面は見覚えがある。
清玄は、こうなったからには夫婦になろうと桜姫に迫る。
そこに悪五郎が現れ、赤ん坊の奪い合いになり、最終的に清玄が赤ん坊を抱えて行く。
上の巻最後の三囲の場は、鳥居と階段がある場面で、これは見覚えがある。最初に観たときは両花道の仮花道の方を頭巾を被って赤ん坊を抱いた清玄役の孝夫が舞台に向かってゆっくり歩いて行くのをわりと近くから見た。今回は仮花道はなくて、仁左衛門は上手の上の方から出てきた。階段を降りて火を起こし、赤ん坊の濡れた着物を乾かしてやる。桜姫も赤ん坊を探して彷徨っているが、すれ違う。

初見から36年、綺麗な孝夫と玉三郎は二人とも人間国宝になり、自分も生き延びて、また二人の桜姫を観ることができたのは誠に目出度い。

初見のときは孝夫の権助が素敵で今回も一番楽しみだったが、衣装からうかがえる身体が老人だし、声も当時とは違う。吉右衛門と共演した「盟三五大切」の三五は権助系で、あのとき相変わらずかっこいいと思ったから、あの頃に再演してくれていればよかった。
そのかわり、今回は、仁左衛門がやると清玄がなんて素敵なんだろうと思った。初見のときは清玄みたいな情けない役は別の役者がやってもいい、と思ったのに。
この話の中で、権助は普通の悪党。桜姫は落ちていくお姫様。はじめに白菊丸と心中しようとし、生まれ変わりの桜姫に会ってからは死ぬまで執着して行く清玄が、一番とんでもない。この役を、高貴さを漂わせる仁左衛門が演じるのは最高。6月の下の巻が楽しみだ。

三月大歌舞伎 第一部2021/03/28 22:48

2021年3月4日 歌舞伎座 午前11時開演 1階5列14番

「猿若江戸の初櫓」
10年以上前に南座で観た覚えがある。当時、勘太郎の踊りが見られる以外はそれほど面白い演目とも思わなかった。
今回は、久しぶりに勘九郎の踊りが堪能できたのと、子供の頃から知っている若手 を見られたのが楽しかった。
宗之助を先頭に花道に男寅、虎之介、千之助、玉太郎、鶴松の順に並ぶ。いっしょに動くときは鶴松に注目する。舞台に出てからは全員ソロで踊るときがあった。男寅も表情豊かに自信ありげに踊っているので、大人になったと感じる。鶴松が一番うまいのは言うまでもないが、宗之助と男寅だけが二人残ってまた踊るので、御曹司の中で年上の男寅が優先される、ということか。

「戻駕色相肩」
駕をかついだ浪花の次郎作(松緑)と吾妻の与四郎(愛之助)。浪花と吾妻が松緑と愛之助では逆だが、踊りがうまい松緑と、二枚目の愛之助で、役には合っている。愛之助は衣装が映えるし、台詞も声が通って良かった。
駕篭に乗っている禿役は莟玉。これも若くてきれいな女形で、役にピッタリ。
特に内容がある話ではないが、3人とも役に合っていると、気持ちよく見られる踊りだ。

二月大歌舞伎 第二部2021/02/24 15:33

2021年2月2日 歌舞伎座 午後2時15分開演 1階13列18番

「於染久松色読販」

序幕の「柳島妙見の場」は3年前はなかったように思う。ここで丁稚の久太というのが出てきて、そうだ、吉太朗が出たんだ、と思い出した。吉太郎の花道七三での所作事を見てスカッとした。腕を開く形が綺麗で気持ちがいい。番頭役を見て千次郎かも、と筋書を確認したら千次郎だった。「おちょやん」に出ていた松十郎が中間の役で出ていた。嫁菜売は吉之丞。

第二場の莨屋の場は3年前に見た記憶がある。今回は、福之助がやった髪結が新鮮で印象に残った。顔が似てるわけではないが「芝翫の息子」という雰囲気がある。

油屋の場には丁稚の役で眞秀が出た。丁稚の久太役の吉太朗も前回同様うまかった。
お六(玉三郎)と喜兵衛(仁左衛門)が強請に来るが、特に玉三郎が元気だった。失敗して二人で籠を担いで花道を帰る姿が楽しい。

「神田祭」
玉三郎と仁左衛門がいちゃつく踊り。仁左衛門の胸元あたりに置いた玉三郎の手がエロっぽい。やっぱり、この二人の顔が近くにあるのはいい。二人で花道を引き揚げるときは仁左衛門は客席に向かってペコペコ頭を下げ、盛大な拍手をもらっていた。

壽初春大歌舞伎 第三部2021/02/01 23:54

2021年1月2日 歌舞伎座 午後6時45分開演 1階10列11番

「車引」
染五郎は脚が細い。台詞はもちろんまだ拙いけれども、声に一本筋が通った強さがある。

「らくだ」
江戸の設定の「らくだ」だが、愛之助演じる紙屑屋は関西弁。こういうのは珍しいのだろう。
半次(芝翫)の妹役に男寅。男寅ちゃんは久しぶりに見る。
駱駝の馬太郎の役は松江。

十二月大歌舞伎 第一部2021/02/01 23:32

2020年12月1日 歌舞伎座 午前11時開演 1階3列22番


「弥生の花浅草祭」

何年か前に松緑と愛之助がやったのを観た。今回はそのときの松緑のパートを愛之助が、愛之助のパートを松也がやる。
二人とも元女形、という二人のニンが被るところがあるので、今回は愛之助に不利だったと思う。松緑と踊ったときは踊り自体は愛之助は松緑に及びもつかないが通人はニンに合っていた。今回はその通人を松也にとられて、若い松也の二枚目ぶりが目立った。それに対する国侍は、松緑はどんぐり眼が効いてインパクトのある顔になっていたが、愛之助は顔が地味。最後の連獅子も、背の低い愛之助の方が親獅子で、踊りで差をつけられるわけでもなく松也の方が目立った。

吉例顔見世大歌舞伎 第四部2021/01/30 21:09

2020年11月3日 歌舞伎座 午後7時半開演 1階12列25番

義経千本桜「川連法眼館」

忠信が獅童、静御前が莟玉、義経が染五郎、駿河次郎が團子、亀井六郎が國矢、という配役はまるで浅草歌舞伎で、こんなご時世でもなければ歌舞伎座ではありえない。でもこの演目を嫌というほど見てきた自分にとっては、その新鮮さがありがたい。

莟玉はちょうど一年前の11月が襲名だった。たった一年でこんな大役をやる。今まで四の切を観たときにはあまり感じたことがなかったが、静の台詞はけっこう多く、莟玉が歌舞伎座で堂々と演じていることが感慨深かった。

染五郎は品があって、声に何か一本通ったものがあって、位のある人の役にふさわしい。

團子はひょろっとした印象が連獅子のときと同じで獅童と比べても身長が同じくらいなので、やっぱり長身なのだと思う。素顔は微妙だが、拵えをした顔は二枚目ではないがなかなかいい。

國矢は、この顔ぶれの中では間違いなく一番うまいだろう。

獅童の狐は、決してうまくはないのだが、感動した。欄干歩きとか欄間抜けとかいろいろやることがあって、必死だったと思う。狐の衣装で出てきても人間にしか見えない。大きな人間が必死に動き回っているのを見ると胸に迫るものがある。猿之助の狐とは対極にあるものでも、感動することはあるのだと知った。

吉例顔見世大歌舞伎 第一部2021/01/29 17:38

2020年11月1日 午前11時開演 歌舞伎座 1階10列33番


第1部「蜘蛛の絲宿直噺(くものいとおよづめばなし)」

亀治郎の時代に浅草と松竹座で観た覚えがあるので、少なくとも3回目だが、前に見たのとは演出が違う。
幕開きに金時と貞光が刀を交えているようなのがあった気がするが、今回は病気の頼光の寝所の前で女房達(笑三郎、笑也)が話している。「レムデシビル」だの「そろそろ終息してもいいコロナ」と世相を反映した台詞がある。

猿之助の女童の顔はいつもながら段四郎にそっくり。早替りで小姓、番頭新造と続く。番頭新造の姿が一番好きな猿之助かもしれないが、踊りは太鼓持が良かったかも。この演目ではたぶん初めて観た欄間抜けにびっくりした。
傾城の姿のときに頼光役の隼人と絡みがある。

ところどころで蜘蛛の糸を投げるが、いつもと違って客席にはかからないようにしているようで、投げる糸の量も少なかったと思う。花道にズラリと並んだときに全体が横から見えたが、蜘蛛の糸はきれいに役者たちにかかっていた。

十月大歌舞伎第四部2020/11/01 20:01

10月2日(金) 歌舞伎座 午後7時半開演 1階13列楽に22番

口上
先月と同じく玉三郎が舞台の真ん中に座って口上した。きょうは後ろは金屏風。客席の画像が評判良かったらしく、また見せてくれた。
玉三郎が奈落に降りてバックステージを紹介する、という趣向は先月と同じ。先月はスッポンから下がらなかった、ということで、二人椀久の松山がスッポンから下がる形で降りて行った。二人椀久の映像は勘九郎と踊ったときのもの。
奈落で各せりを紹介するのは先月と同じだが、今月はその後、玉三郎の楽屋に行って化粧道具などを見せた。

楊貴妃
中車と共演したときの映像と、玉三郎の楊貴妃の実演。実演の部分が先月より長かった。

九月大歌舞伎第二部2020/10/02 02:02

2020年9月2日 歌舞伎座 午後1時40分開演 1階13列14番

「累」
定式幕がかかっているのを見て、きのうのは歌舞伎ではなかったのだと思った。
猿之助のかさねと幸四郎の与右衛門。二人とも襲名前に、違う相手で踊ったのを観ている。どちらも良かった。
最初に、花道を二人いっしょに出てくる型。
猿之助は綺麗ではないが踊りも台詞もうまい。この踊りは特に前半はかさねが一人で踊っていて与右衛門はじっとしていることが多い。だから二枚目でないともたない。その点、幸四郎はとても与右衛門に向いている。
後半、演舞場で海老蔵相手のときも大阪の舞踊会で愛之助相手のときも、亀治郎のかさねは玉三郎ばりの戦うかさねで幕が閉まっても客席がざわつくような感じだったが、きょうはおとなしくなったように感じた。正統派のかさねにしたのかな、とも思うが、やや期待外れでもあった。
隼人と鷹之資が捕手の役で出たが、最初に出たときは普通だったが与右衛門と絡むときは黒いマスクをしていた。

九月大歌舞伎第四部2020/09/02 00:09

2020年9月1日 歌舞伎座 午後7時15分開演 1階13列20番

きょうは幕開き前のアナウンスはなくて、幕が上がると玉三郎が舞台の真ん中に座って頭を下げていた。半年ぶりの玉三郎だ。口上のときの女形のように、頭に紫色の布をのせている。私の真正面に玉三郎のニコニコした顔が見える。嬉しい~
玉三郎の後ろに金屏風があって、その後ろには歌舞伎座の建物の書割がある。櫓もある。玉三郎によれば、櫓は顔見世の11月にしか上がらないそうだが、きょうは特別に櫓もこしらえてもらったそうだ。
2階、3階のお客様からは見切れるので、ということで、お弟子さんが上手に書割の櫓と同じものを置いて見せてくれた。

役者がどのような景色を見ているかお見せしましょう、と玉三郎の後ろに歌舞伎座の客席を映し出した。キラキラした、誰も座っていない客席。

その後、玉三郎が梅ゼリから奈落に降りる、という設定で映像を使って玉三郎が歩いたり階段を上ったりしながら、花道の下、すっぽん、鳥屋、「松ゼリ」「竹ゼリ」「大ゼリ」、、回り舞台などを紹介した。超豪華歌舞伎鑑賞教室、といったところ。

映像の中で滝夜叉の打掛を着てそのかっこうで実際にせりから上がってきたり、阿古屋が鳥屋から出ようとする映像の後、実際に鳥屋から出てきたりした。

後半は鷺娘。初めは映像で、その前に本物の玉三郎が真っ白い衣装で現れて踊った。そして赤い着物に引き抜き。その後、紺地の着物の踊りは映像。これはとても綺麗だった。そして映像の中でピンクの着物に引き抜き。
最後のシーンは映像で海老反りのあたりまで見せたところに玉三郎が同じ格好でせりあがってきて、最後に息絶えるまでをやった。

幕が下り、もう一度上がったがそのときは玉三郎は倒れているままで、一度幕が下り、また上がったときは玉三郎は座ってお辞儀をしていた。その次に上がったときは立ち上がっていた。みんな盛大に拍手をして幕が下りて、終わり。

楽しかった~