初春大歌舞伎 高麗屋襲名 昼の部2018/01/10 00:35

2018年1月9日 歌舞伎座 午前11時開演 1階10列27番

「箱根霊験誓仇討」

初めて観る演目。

冒頭、初花(七之助)が、勝五郎(勘九郎)が乗るいざり車を引いて、花道を出て来る。舞台には奴筆助役の愛之助が登場する。

筆助が花道から引っ込んだ後、勝五郎と初花の台詞や立ち回りがあった後、愛之助2役目の滝口上野が舞台に登場。滝口上野は勝五郎の兄の敵で初花に横恋慕している。

初花の母の早蕨(秀太郎)も滝口上野に捕まっている。初花は、滝口上野の隙を見て殺すように勝五郎に言われて、滝口上野に引き渡される。

白滝の場で、勝五郎の足が立つ。最後は、命を落とした初花の姿が舞台の後ろの上の方に現れて「霊験」という雰囲気になるが、「いざりの仇討」というタイトルのような仇討シーンはなくて全体として退屈。愛之助の二役も、早変わりの楽しさがあるわけでもない。途中で寝てしまった。

「七福神」

恵比寿の又五郎を中心に、弁財天の扇雀、寿老人の弥十郎、福禄寿の門之助、布袋の高麗蔵、毘沙門の芝翫、大黒天の鴈治郎。
お正月らしい踊りで、夜の部の踊りより良かった。あまり見る機会はないが、高麗蔵はけっこううまい。


「車引」

七之助の桜丸が綺麗だった。女形がやる役だが、桜丸の顔が綺麗だと思ったのは初めてだ。七之助は骨格が綺麗なんだろう。

梅王丸の勘九郎は当然ながら形が綺麗に決まる。

杉王丸の廣太郎は成長したと思う。

松王丸の新幸四郎は、3年前に愛之助、菊之助といっしょにやったときは主役、という感じがしたが、今回は他の二人がわりと長身のせいか、少し影が薄い印象を受けた。

「寺子屋」

幕が開くと猿之助の涎くりが見えて、無事な姿にほっとする。しかし、左腕のあたりが、なんとなくいつもの猿之助ではない感じがした。元気そうだが、涎くりとしては、前回の歌舞伎座の弘太郎の方が子供らしくて好きだ。迎えに来る父親役が東蔵。いつもは涎くりが父をおぶって引っ込むのだが、今回は手をつないで引っ込んだ。

梅玉の源蔵はたぶん何回か観ている。無駄なものをそぎ落として磨きこんだ源蔵、という感じ。
戸浪の雀右衛門、幸四郎の松王丸、魁春の千代、みんな危なげのない演技。

藤十郎の園生の前は、段を上がったときに少し後ろに傾く感じがあってひやりとしたが、息子の菅秀才の横に座って優しいお母さんだった。

新春浅草歌舞伎 2018 一部2018/01/05 21:56

2018年1月5日 浅草公会堂 午前11時開演 2階ぬ列17番

電車の接続が悪くて公会堂に着いたときは挨拶が始まっていたので、終わってから席に着いた。

「鳥居前」

義経は種之助。顔だけでなく声も又五郎に似ている。四天王の一人の声に聞き覚えがある、とプログラムを見たら片岡當十郎だった。
静御前は梅丸。高音がよく出るようになった。
弁慶は歌昇。まずまずの出来。
逸見藤太は巳之助。浅草歌舞伎の最年少だった頃を思うと、とても成長した。最近は声が裏返ったりしなくなった。
狐忠信は隼人。台詞がイマイチ生な感じがするが、見た目は立派。隼人の六方を初めて観た。

「御浜御殿綱豊卿」

茶屋前の場では、江島役の新悟の台詞が一番すっきりして良かった。綱豊役の松也は、いつもは美声だと思うが、この役に関しては台詞がしつこくてお腹にもたれる感じがする。

途中で眠ってしまって、新井白石役の錦之助は全く記憶にないし、助右衛門が入って来たところも覚えていない。
助右衛門の役は10人近い別の役者のを観ていると思うが、巳之助はその中で上の部類。一生懸命な感じと、心情がよくわかるところがいい。松也の方は、感情過多に感じる。殿様なのに必死過ぎ。この役に関しては私の好みは仁左衛門よりも梅玉だから、もう少しクールな感じがいい。
米吉のお喜世は良かった。

初春大歌舞伎 高麗屋襲名 初日 夜の部2018/01/03 01:37

2018年1月2日 歌舞伎座 午後4時半開演 1階2列30番

「角力場」

襲名公演はやっぱり、みんなが期待しているらしく、幕があくとすごい拍手。
角力小屋の周りに見物人が行き交うところに、吾妻(七之助) が、仲居たちを連れてやってきた。仲居役の先頭は宗之助、最後は千壽。そこに、与五郎(愛之助)が登場。吾妻の隣りにすわって、いちゃつく。浅草歌舞伎のお富と与三郎が懐かしい。

小屋の中から、放駒の勝ち名乗りが聞こえた後、放駒長吉役の愛之助が小屋から出てくる。与五郎と二役だ。ちょこちょこした動きで花道を引っ込む。

その後、小屋から与五郎が出てくる。続いて、濡髪(芝翫)が出てくるが、長身の芝翫が高下駄を履いているので出るのに苦労する感じ。
濡髪と与五郎の大きさの違いが自然なので、ちょっと押されて倒れるのも自然なことに感じられる。

濡髪をほめそやす金平に、喜んで金も財布も羽織も与えてしまう与五郎は、数ある歌舞伎の登場人物の中でも私が一番好きなキャラの一人だ。すごくなよっとした印象を持っていたが、本物の関西弁だと特になよっとしたしゃべり方ではないのだと思った。

濡髪と放駒二人のやり取りのとき、愛之助の台詞も動きも良かった。歌昇や松也の放駒がフレッシュタイプとしたら、愛之助の放駒はもう少し熟成したタイプで、濡髪との対決は見応えがあった。

「口上」

前に座っている人の頭の間から扇雀と愛之助がよく見える席だった。高麗屋の3人と言えば、小学校の頃、当時の染五郎だった白鸚のファンで、初めて観た歌舞伎は当時の幸四郎主演の「ひらかな盛衰記」、そのとき、新幸四郎は逆櫓の遠見の船頭の役だった。新染五郎は、初御目見えは観なかったが客席に手を振っている写真が可愛かったので、写真だけ買った。初舞台は観た。「趣向の華」の客席通路をウロチョロしていた可愛い男の子で、ロビーでもよく見かけた。それが、去年の俳優祭の頃は立派な美少年になっていた。当たり前だが、3人ともタイプが違うのが面白い。

「勧進帳」

新幸四郎は、染五郎のときにやった弁慶よりいい。あれが限界かと思っていたが、成長して線が太くなって、ニンにない役を無理やりやってる感じがなくなった。
吉右衛門の富樫は半端なく安定して、幸四郎をがっしり受け止めている。
12歳の染五郎の義経。下手なのは当然だが、声はちゃんと出ているし、品がある。
四天王は鴈治郎、芝翫、愛之助、歌六。
弁慶が舞っているあたりで、小さい地震があった。

「相生獅子」
つまらなかった。

「三人形」
奴役の又五郎を集中的に見て楽しんだ。

十二月大歌舞伎 第三部2017/12/28 01:20

2017年12月24日 歌舞伎座 午後6時半開演 1階13列26番

「瞼の母」

中車の忠太郎は、序幕の半次郎の家の場では台詞が普通の歌舞伎役者と比べるとやや音程が狂っている感じがしたが、母のおはま役の玉三郎とのやり取りはいい。「違う」と反論する台詞がとてもいい。最後の「おらあ、・・・」という独白も良くて、この役に合っていると思った。今までに獅童と勘九郎の忠太郎を観たが、総合点では中車が一番。猿翁は渡世人は似合わなくて、「荒川の左吉」は良いと思わなかったが、中車なら似合いそうだ。

半次郎(彦三郎)の家の場は、妹役の児太郎、母役の萬次郎も、みんな良かった。

夜鷹のおとら(歌女之丞)が、忠太郎から金を渡されて、夜鷹の客になるのだと誤解したところは、徳松と獅童の方が面白かった。

おはまの家で、出て行くときに妹のお登世(梅枝)と鉢合わせし、お登世をじっと見る忠太郎が良かった。梅枝は良かった。でも顔が大きい。玉三郎が小顔というわけでもないのに、並ぶと玉三郎の顔が小さく見える。


「楊貴妃」

玉三郎の楊貴妃は何年か前に日生劇場で見たし、その前にも見たかもしれない。

筝曲の演奏に女性が並んでいる。女性の演奏家を歌舞伎の舞台で見るのは新開場の月以来かも。

石がたくさんついた帽子がキラキラして綺麗だ。自分にとっては、クリスマスのケーキ代わり、といったところ。

Kバレエカンパニー 「くるみ割り人形」2017/12/22 00:55

2017年12月21日 赤坂ACTシアター 午後2時開演 1階V列39番

「くるみ割り人形」はクリスマスが本物に見える外国のバレエ団に限る、と思っていたのだが、美術と技術が気に入ったKバレエカンパニーのを観てみることにした。
クリスマス気分がイマイチなのは、ダンサーの顔が日本人だからだと思う。しかし、一幕目は美術が素晴らしく、二幕目は馴染みの曲が次々に出てきて、楽しめた。立派なエンタテインメントだ。

ネズミが可愛い。幕開きにもカーテンコールにも出る。おもちゃの兵隊と戦うときは、投石機でチーズを投げ、おもちゃの兵隊に当たる、という演出。

倒れたくるみ割り人形の側で悲しむクララから悲しみが伝わってきた。その後、クララ、ドロッセルマイヤー、くるみ割り人形の三人で踊るシーンが美しい。後ろでひらひらと揺れ動く幕、それに音楽の力が加わって、観客をうっとりさせる。揺れ動く幕が落ち、横にすべってはける。後ろには雪の国が現れる。

二幕目は花のワルツ、アラビア、スペイン、中国、ロシア、と馴染みの曲が続き、それぞれが別の魅力で惹きつけられた。私の好きな「アラビア」は女性一人と男性二人。女性が大柄で手足が長く、顔立ちもはっきりしていて、いかにもアラビアのダンサー風でインパクトがあった。中国の人形の二人もコミカルな感じが良かった。ロシアのコサックダンスもあった。

マリー姫と、青年の姿になったくるみ割り人形の踊りも、流れる曲が美しくてよかった。マリー姫は小林美奈。浅川紫織のケガで、雪の女王役からこちらに変わったと掲示があった。難しい踊りも何気なくこなせる、上手い人だと思う。

十二月大歌舞伎 初日 第二部2017/12/03 01:32

2017年12月2日 歌舞伎座 午後3時開演 1階4列26番

「らくだ」

愛之助のやたけたの熊五郎はすし屋の権太のような雰囲気。久しぶりに太い腕を見た。中車のクズ屋は今まで観たこの役の中で一番完成度が高い。らくだは、定評のある片岡亀蔵なので、ベストの配役かも。
クズ屋がらくだの死体を背負って歩くとき、亀蔵の足の甲が舞台を滑って行く。熊五郎が大家とかけあっているときに外で待っているクズ屋とらくだの体勢がいろいろ変わって面白い。カンカンノウは、最後には死んだらくだもいっしょになって踊る。

「蘭平物狂」

前回も観たが松緑と左近の親子共演ばかり気になって、今回愛之助が演じる行平のことは全く記憶にない。小顔の松緑と、それよりも小さい顔の左近が顔を見合わせるのはほほえましい。左近はだいぶ成長して、前回よりも意識して役を演じていると感じた。

蘭平と繁蔵親子や、蘭平の所作など見所はあるのだが、前半は途中で睡魔に襲われた。立ち回りの幕の前に、中で松緑が「じゃあ、よろしく」と声をかけるのが聞こえ、期待が高まった。

十二月大歌舞伎 初日 第一部2017/12/03 01:29

2017年12月2日 歌舞伎座 午前11時開演 1階7列21番

「実盛物語」

愛之助が実盛をやると、義賢最期を思い出し、つながりが頭に浮かぶ。九郎助(松之助)と太郎吉、それに葵御前(笑三郎)がいる。白旗をつかんだ手が九郎助の網にかかった。義賢が口にくわえて戦った源氏の白旗だ。白旗を託された小万は死んだのだ。身重だった葵御前は無事男子を産む。

実盛はよそ者だが、敵に見えた瀬尾は実は小万の実の父で、孫の九郎助の手柄にするために、自らを討たせる。瀬尾役の亀蔵がでんぐり返って、首がポロリと落ちた。

九郎助の女房小よし役が吉弥。実盛の郎党役に宗之介、竹松、廣太郎、廣松。太郎吉を馬にのせたり、下ろしたりするのを廣太郎がやっていた。きょうの太郎吉は醍醐くんの方だろうか。元気そうでうまかった。

馬に乗った実盛は郎党たちに見守られ、幕外の引っ込みをする。はじめは馬が言うことをきかないが、ちょっとご機嫌をとって、うまく動いてもらった。この辺のほのぼの感は愛之助がなかなか良かった。

「土蜘」

土蜘はかっこいいが、出てくる前に睡魔に襲われるのではないかと心配だったが、太刀持役の左近や、胡蝶役の梅枝の踊りがあったので、起きていることができた。僧の拵えの土蜘が気配を殺して花道から出てくるときは、途中で誰かが拍手したり掛け声をかけたりするんじゃないかとドキドキしたが、そんなことはなく、土蜘が花道七三まで来た。七三での松緑の台詞は今まで聞いた覚えがない低音の落ち着いた声だった。舞台に出てからの所作も良かった。松緑は体型が蜘蛛っぽいし、この役に向いている。

左近が良かった。途中で一度台詞につまったが、一瞬の沈黙の後、「・・・ぞんじそうろう」とまとめて、続けた。

石神実は小姓四郎吾役の亀三郎の「ここで会ったが百年目っ」という台詞が可愛かった。

巫女役の新悟が綺麗だった。

第九回 三響会 二十周年記念公演2017/11/28 00:29

2017年11月27日 観世能楽堂 午後4時開演 正面席14列12番

5年ぶりの三響会。GINZA SIXの観世能楽堂には初めて行った。エレベーターの前に行ったら「B3に行くには南のエレベーター」と書いてあったが、「南」がどっちなのかわからない。化粧品屋のおねえさんが親切に教えてくれたので助かった。

能楽堂のロビーでプログラムと二十周年記念のお菓子を買った。可愛い坊やがプログラムを渡してくれた。プログラムの上演記録を見ると、私が最初に観たのは2007年の南座公演。その後は全部観ている。演目を見ると懐かしい。観られて幸せだったと思う。

「三番三」
逸平の三番三は泥臭さが好きだが泥がちょっととれてきたかな、と感じた。しかし烏跳びのあたりは野性味があった。

長唄「二人椀久」
猿之助が出られないので踊りはなし。長唄をしみじみと聴く。三響会で歌舞伎役者が一人も出なかったのは初めてかも。場所が能楽堂のこともあって、今まで観た中で一番能よりの三響会だったような気がする。

舞囃子「井筒」
続けて、「二人椀久」に取り入れられている「井筒」。シテは観世喜正。大鼓の広忠は私の真っすぐ前あたりに座る。きょうの席は広忠が目線の先にあって良かった。シテは面をつけていないので声が直接に届く。今まで、中正面が好みだったが、舞を見るときは確かに正面席はいいものだと感じた。

能と舞踊による「船弁慶」
静は梅若紀彰、知盛は藤間勘十郎。染五郎の知盛がかっこよかったのは「能と歌舞伎による船弁慶」。あの時は知盛のパートは地謡は無かったと思うが、今回は、知盛のパートになると三味線が入るが、「桓武天皇九代の後胤~」のところは地謡、「そのとき義経少しも騒がず」は長唄、というように交互に出る。最後、橋掛かりを知盛が引っ込むときは踊りはもちろんかっこいいが、傅次郎が太鼓を打つ腕の動きが綺麗だった。

NHK交響楽団定期公演 「イワン雷帝」2017/11/20 22:08

2017年11月17日 NHKホール  午後7時開演 2階C4列5番

プロコフィエフの「イワン雷帝」と言えば、昔テレビで見たボリショイバレエを思い出すが、きょうのはスタセヴィチ編オラトリオ「イワン雷帝」作品116というものだ。合唱、語り手、独唱、オーケストラのためのオラトリオで、全20曲からなる。
開演時間になると合唱団のメンバーが出てきて、オーケストラの後ろの段に並ぶ。東京混声合唱団と、東京少年少女合唱隊。
指揮者のトゥガン・ソヒエフと語り手の愛之助がいっしょに出てきて、愛之助は指揮者よりも上手よりに立った。
曲の合間に愛之助の語りが入る。赤い表紙の本を手にして読むが、最初の語りは特にカタカナ系が聞き取りにくかった。その後、そうでもなくなったのは音声担当の人のマイク調整があったのかもしれない。愛之助は、平家物語の語りのときと同じで地の文より台詞の部分がうまい。特にイワン雷帝の台詞は太い声が雷帝らしかった。他の人の台詞もあったと思うが、誰の台詞なのかわからない。
独唱はウクライナのスヴェトラーナ・シーロヴァとアンドレイ・キマチ。特に女性の歌唱が素晴らしかった。
演奏終了後、独唱者二人と指揮者、語り手が4、5回舞台に現れて拍手を受けていた。

吉例顔見世 夜の部 「五段目、六段目」「新口村」 初日2017/11/01 23:28

2017年11月1日 歌舞伎座 午後4時半開演 1階11列12番

「仮名手本忠臣蔵五段目、六段目」

五段目は染五郎が定九郎。これで、この世代の定九郎はほとんど見たことになる。「50両」という声が染五郎にしてはぐっと低かった。席が遠かったせいか、血が滴り落ちるのがよく見えなかった。倒れているときは前の人の頭で隠されてほとんど見えなかった。

六段目は、松之助が上方弁の源六。お才役の秀太郎は声が小さくて聞き取りにくい。一人で京都弁の世界に浸っているようにも見える。
おかや役の吉弥は前に観たときより良かった。でも竹三郎の方がもっと遠慮なく勘平を叩いていたように思う。勘平の仁左衛門は、うまいということよりも、最後まで観客を惹きつける力があるのが凄いと思った。


「新口村」

私が初めて歌舞伎座に行ったときにも「新口村」がかかった。忠兵衛は当時の扇雀、今の藤十郎で、孫右衛門は13代目仁左衛門、梅川は歌右衛門だった。
そしてきょうも藤十郎が忠兵衛を演じる。梅川は今の扇雀。孫右衛門は歌六。
扇雀は綺麗で、終始藤十郎を気にかけていた。歌六はうまいが、この役はもう少しぼろぼろ感がある方が個人的には好み。
話はあんまり好きではないが、雪の降る中を二人で綺麗な着物を着て歩いているありえなさが歌舞伎的で、黒地の着物と雪の白の組み合わせが鮮やかだ。

最後の「大石最後の一日」は都合により観られなかった。