コメディ・トゥナイト 初日2017/03/07 23:49

2017年3月4日 新橋演舞場 午後四時半開演 1階1列24番

副題は「ローマで起こったおかしな出来事 江戸版」。 ローマの話を江戸に設定しなおしたのは、まあ成功したと言えると思う。衣装、装置が洋物がかった着物、日本家屋で、それは面白かった。特に澤野屋という女郎屋が、西洋の家を赤い提灯で飾り付けて日本ムードを出そうとしているようで、見とれてしまった。入り口に下がっている日本髪の女のヌードの絵の提灯がすごく良い。内装も、浮世絵の春画が壁の絵になっていたりしてエセ江戸の雰囲気。

愛之助の歌を聴くのが楽しみだったが、マイクを通しているのでどのくらいうまいのかよくわからなった。愛之助に限らず、下手な人はいないかわりに誰がとくにうまいとも感じなかった。

全体に、だれるところはないが、どこと言って盛り上がりもない。トニー賞をとっているということだが、オリジナル版はどういう点が評価されたか知りたいものだ。コメディで、客席にはお嬢さんたちの笑い声が響いていたが、自分にとっては笑うほど滑稽な場面はなかった。

ルー大柴を近くから見られて嬉しかった。テレビで見るのと同じ雰囲気。女の格好をするシーンは見ものだとは思うが、しゃべり方や仕草を女っぽくするわけではないので、ただルー大柴が女の格好をしている、というだけだった。

荒尾正蔵の役をやった鈴木壮麻が、愛之助がのっぺり見えるような立派な顔立ちで、演技も良かった。

布袋屋の主人役の高橋ジョージがいい味を出していた。澤野屋の主人役のダイヤモンド・ユカイも良かった。

ストーリーがイマイチ面白くないせいか、話の中心になる若い二人の魅力も感じられなかった。

カーテンコールでは今日が誕生日の愛之助を祝う声が上がり、私の右隣の方たちは銀紙で周りを飾った「お誕生日おめでとう」と書いたボードを分けて持って舞台の愛之助に見せていたようだ。二度目に出て来たとき、高橋ジョージが音頭をとって客たちが立ち上がり、ハッピーバースデーの歌をうたった。愛之助は「誕生日に初ミュージカルです」と挨拶した。きょうは、みんなで歌を歌ったのが一番楽しかった。

コメント

_ 窪 ― 2017/03/24 20:33

東京ローバ 様、お久しぶりです。
コメディ・トウナイト、4/3のチケットを入手しましたのに
もうひとつなんですね、残念。私も愛之助さんの歌声を楽しみでしたのにストーリーが面白くないなんて・・・。
たしか、去年の狸御殿も宮本阿門さん演出でしたよね?
テレビで見ましたが全然面白くなかった(オダギリジョーさんの
映画、狸御殿は面白かったのに)
数年前は、森田剛さん主演で傑作の金閣寺を演出されてたのに
宮本阿門さん、どうしてしまったのでしょうか?
5月の松竹座花形歌舞伎を知る前にコメディトウナイトを購入したので面白くなかったと知って残念、無念、口惜し・・・。
猿之助さん、勘九郎さん、七之助さんの5月花形歌舞伎を昼夜
買わなきゃならないのに!節約すれば良かった・・・。
定価で買わなかった事だけが救いです。(1階後方席)

2月の花形歌舞伎、行ってきました!
最前列で松也君の“碇知盛”を観ました。私にとって碇知盛といえば、仁左衛門さん。比べる方が悪いけど、全然違う、違いすぎる。
まあ、松也君にすれば初の大役!仕方ないですよね。“あらしの夜に”のメイ役は素晴らしかったのに、古典は難しいのですね。
ラストシ-ンの歌昇さん、飛びぬけて巧かった!又五郎さんか歌昇さんなら、碇知盛を演じられたかも!!
種之助さんの奴舞踊は、お見事でした!最前列で“播磨屋~!!”と叫んできました。関西にも播磨屋ファンはいるのだと
知らしめたくて・・・。梅枝さんの若侍は綺麗で踊りも良かったですが新吾さんの傾城は、綺麗じゃないし、舞踊も見劣りしました。
梅枝さんの傾城、歌昇さんの若侍(大名?)、種之助さんの奴の
三人にして欲しかったです。
松也くんは好きですが、今回ばかりは、音羽屋~!と叫ぶ出来ではありませんでした。熱演されてましたが。(上から目線でファンの方、申し訳ないです)

金閣寺は、又五郎さんの槍さばきが素晴らしかったですが、
私にとっては眠くて眠くてどうしようもなかったです。雪姫が綺麗じゃないし・・・。
連獅子、歌舞伎の誰もが踊れる舞踊と思っていたのに下手な人もいてびっくり!揃うのが当たり前と思っていたのに、松也君には
無理な演目だったのですね。千秋楽までに巧くなったのかも知れませんが、人気に実力が伴わないのはちょっと可哀想な気がしました。(でも連獅子踊るような名門に生まれてないのに人気あるから主役させられて仕方ないです)右近さんは、上手でした!
でも踊りの名手、又五郎一家に連獅子を踊らせて頂きたかった!!どんなに素晴らしかった事か!3人揃った連獅子みてみたいものです!
5月の花形歌舞伎、猿之助さんは、とても人気あるので良席をとれるかどうか、難しいでしょうが頑張ってみます。

_ 東京ローバ ― 2017/04/01 01:11

窪さま、こんにちは
コメディ・トゥナイトは残念な出来でした。そういう情報で、観るのを待つのは嫌ですよね。なんか、パーッとしたシーンがないんですよ。困ったもんだ。
狸御殿もつまらなかったですが、渡辺えり子さんはやっぱり迫力ある、とわかったのが収穫でした。今回は鈴木壮麻を知ったことかな。

5月の花形歌舞伎、いいですねえ。今年は関西の歌舞伎は当たり年じゃないですか。猿之助と勘九郎、七之助が揃って豪華ですね。行きたいんですけど、5月の明治座の売れ行きが悪いんじゃないかと予想してるんで、遠征費用があったら複数回観ようか、と思うわけです。

2月の花形歌舞伎も観たかったです。松也は一月の浅草は彼の本領発揮じゃないような気がして知盛に期待してたんですが、イマイチでしたか。仁左衛門は超うまいですからね。私も松竹座で仁左衛門の知盛観ました。でも、私的に知盛の一番は獅童なんです。下手だけど透明感があって、綺麗なんです。出陣のときの真っ白い衣装が、アニメみたいに綺麗でした。
歌昇くんは、古典うまくて安定してますね。金閣寺の此下東吉も良かったんじゃないかと思います。金閣寺は、眠くなるの、すごくよくわかります。私は浅草で7回観て、そのうち4回は途中で寝ました。獅童の大膳の「ささっさー」とか言う大きな声で起こされたりして。
新悟と松也は踊りはうまくないです。2月は踊りのうまい人がたくさんいたのに、あの二人が踊りに出たのは不思議です。又五郎一家の連獅子、私も観たいです。又五郎は28日の俳優祭の「石橋」で親獅子だったので、今は、踊りのうまい人の中で一番年上なのはこの人なんだなあ、と思いました。歌昇くんと種之助くんは、その前の演目の立ち廻りに出てかっこよかったので、俳優祭のテレビ放送で見てくださいね。

_ 窪 ― 2017/04/06 18:08

こんばんは。
コメディ・トウナイト、1階11列目右端で観てきました。
愛之助さん、ほとんど出ずっぱりで大変だと思いましたが
時折寝てしまいました(>。<);
トニー賞、大した事ないんですね。武士大将(水軍?)だけがハンサムで良い声で目が覚めました(笑)。
4/3の松竹座観客は、優しくて1曲ごとに拍手、手拍子してたので
愛之助さん、奮闘した甲斐があったと思います。

5月花形歌舞伎チケット、10時から頑張ったのですが席押さえても
押さえても買い物籠に入れられなくて平日の3列6番と、6列4番(花道左側)をやっと取りましたが、いつもは、最前列5番~14番迄を取れるので良席じゃなくてがっくり!です。
久しぶりの猿之助さんですから、良席とれないとは、思っていたのですが、まさか、花道左側とは・・・(泣)。大枚16000円なのに・・・。
明治座、愛之助さん、隼人君、種之助さん!なんですね。
楽しみですね!羨ましい~。
ハンサムな隼人君、久しく観てないです。
勘九郎さん、七之助さんの赤坂歌舞伎は見られないのですか?
関西でもやってくれたら良いのですが、なかなか新作はかからないので残念です。
5月花形歌舞伎の後は、10月の松本幸四郎さんのアマデウスを
複数回観なくてはならないので節約します!
東京ローバ様の的確なブログで観たつもりになります♪
いつも楽しみにしております。
それでは、また。

_ 東京ローバ ― 2017/05/22 22:28

窪さま、こんにちは
お返事が遅くなってすみません。
実は骨折して1か月入院していました。
というわけで、5月の明治座公演は観られませんでした。

コメディ・トゥナイト、松竹座のお客さまが優しくて救われましたね。つまらない舞台は、自分が参加するようなつもりで手拍子とかしながら観るのも手かも。
トニー賞をとった原作は、たぶん面白いんだろうと思います。観てはいないんですけど。

五月の松竹座は、面白かったでしょうね。

_ 窪 ― 2017/06/09 19:00

東京ローバ様、こんばんは。
こちらこそ、返信が遅くなりまして申し訳ありません。
骨折で入院されてたとの事、大変でしたね。
骨折した事がないですが、松葉杖の辛さは良くわかります!
1か月入院ですから、大腿骨とか動けない箇所で大変だったと
思います!退院されてもなかなか元に戻るのは時間がかかりますよね。ゆっくり焦らずにリハビリ頑張って下さいませ。
私も膝が治った途端、ある日、突然右手がしびれて背中に激痛が・・・。頸椎狭窄症で4個、神経の通る穴がつぶれているそうです。強力な痛み止めにマイクロ波(温熱ライト)、電気をかけて、
仕事してます。安静が一番らしいですが、働かないと59歳だし、
首になるので頑張って業務こなしてます(泣)。若い時に分不相応な贅沢しないで貯蓄していれば、今年退職しても暮らせたのにと
後悔してます。といっても未だに歌舞伎観劇という贅沢を止められないのですから痛くても仕方ないです。
5月歌舞伎、後日、最前列を昼夜とれたので観てきました!
5/3のお昼、友人と久しぶりの猿之助さん、ケレンミたっぷりのこれぞ猿之助!楽しみました♪
5/4の夜、友人と勘九郎さんの“乳房榎”を観たら、昼の部より
面白かったです!昼の部の方が猿之助さん人気で完売でしたが
夜の部の方が、見事な早変わり!本水も最前列なのでたっぷり
かかって楽しめました!七之助さんも綺麗で艶やかでしたし♪
生活苦しいけど、どうしてももう一度観たい!松竹webで最前列と2列目真ん中がなぜか残ってる!これは、神様がもう一度観なさいとのおつげ(笑)。今度は姉、姪を誘ってもう一度堪能しました!2年位前にwowowでNY公演(乳房榎・・・)のTV放映を観た時には、あまり面白いと思わなかったのであまり期待してなかったのですが、生舞台は、勘九郎さんの見事な早変わり(今まで観た早変わりの中で一番早かったような気がします。)花道でござと傘の早変わり、花道真横の3列目で観てもわからなかった位早かったと。猿之助さんの憎たらしい悪役、艶やかな七之助さんと
夜の部、最高でした!結局、姪の分も奢ったので80000円の出費。10月の幸四郎さんのアマデウスの回数が減ってしまう事になりそうですが・・・。
5月は、大満足の観劇でした!
長文ですみません。
お大事に!!1日でも早いご快癒をお祈りしております。
それでは、また。

_ 東京ローバ ― 2017/07/19 01:03

窪さま、こんにちは
またまたお返事が遅くなって申し訳ありません。
実は歌舞伎座の夜の部に行こうと家を出たところで自宅の外階段から転落して骨折し、救急車で運ばれました。左手首と顔の一部、胸骨と胸椎を骨折。背骨が折れたので保存のために10日余り、上体を30度までしか上げてはいけない、と言われて寝たきりでした。でも、松葉杖じゃないんです。おかげさまで腰と脚は無事でした。だから退院した後、特に不自由なく活動はできるんですが、骨折というのは筋肉を傷めたり皮膚を切ったりしたのと違って、短期間には元に戻りませんね。ひょっとするとずっと治らないかも。くしゃみすると痛いし、背中の骨に傷めたところがある、という感じがなくなりません。
今まで大病も大怪我もしたことがなくて、骨折、失神、救急車、入院、全身麻酔の手術、MRI、と初体験の連続でした。私は閉所恐怖症なので、MRIは、もうダメ、となったら3回押す、というブザーを持たしてもらって受けました。入院生活が珍しかったし、看護師さんがみんな優しいので、お世話されるの大好き人間の私はけっこう楽しかったです。それに、リハビリの作業療法士さんが若いイケメンで、その人が私の手を両手に挟んでマッサージしてくれたりするのでとても幸せでした。
窪さんも、体調が悪いときに働くのは大変ですね。私はもう退職したのでフリーランスの立場で午後だけ働いていて、その分保証はないけど休むのは自由なので気楽です。今のところまだ在宅で仕事をしていて、来月あたりにオフィスに復帰したいと思っています。手のしびれって、怖いですよね。入院したときお医者さんに「痛くてもかまわないんですか」と訊いたら「痛みなんかいい。痺れとか麻痺が怖い」と言ってました。私は背骨を怪我したので、脚にしびれがないか、ずっと聞かれてました。頸椎に問題があると、手が痺れるんですね。
5月の松竹座は、座組を見ただけで面白いのがわかります。乳房榎の早変わりは凄いですよね。私は早変わりは基本的に嫌いなんですが、乳房榎の早変わりだけは芸術だと思います。すぐ近くで観られて良かったですね。私は遠くの席からしか観たことないんです。面白いと人にも見せたくなりますよね。でも80000円は出費だなあ。私が観たときは悪役が獅童でした。綺麗で良かったですよ。猿之助の方がうまいですけどね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://wonwon50.asablo.jp/blog/2017/03/07/8396175/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。