壽初春大歌舞伎 夜の部2017/01/07 00:41

2017年1月5日 歌舞伎座 午後4時半開演 1階7列21番

「井伊大老」
愛之助は井伊直弼の幼馴染の水無部六臣役で、直助(幸四郎)と二人で語り合うシーンがある。「将軍江戸を去る」の時と役がかぶって、胸を病んだ鉄太郎のような雰囲気だ。二人とも美声。
全体的には退屈な話だった。

「越後獅子」
鷹之資の踊り。布晒しがうまかった。

「傾城」
場内が暗いので目をつぶって、目を開くと、正面の暗闇にぐるりと提灯が見えて、ここは何処だと驚く。舞台がパッと明るくなると、仲ノ町の花魁道中。功一の肩に手を置いた玉三郎が外八文字で歩いて、やがて消える。

仲ノ町が消えて、演奏の人たちがいる踊りの場面では、玉三郎お得意の打掛自慢。後ろ向きで腕を伸ばして打掛の柄を見せる。紫の地に孔雀の模様だった。
打掛を脱いで赤っぽい着物での手踊りが、玉三郎ならではで、きょう見に来た甲斐があったと思った。南座でも観たような気がする。見ていると嬉しくなってくる踊り。

最後は黒地に鶴の打掛を着て、後ろ向きにも横向きにも打掛を見せ、演奏者たちの後ろに黒い背景ができてそこに雪が降って、とても綺麗だった。

「松浦の太鼓」

序幕の両国橋の場で、其角(左團次)と、煤竹売りに身をやつした大高源吾(愛之助)が出会い、床几に腰かけてしばらく語る。その後、其角が「年の瀬や水の流れと人の身は」と詠み、源吾が「明日待たるるその宝船」と付句を詠んで去っていく。

第二幕は松浦邸。わがまま勝手だが、染五郎演じる松浦の殿様が可愛かった。浅草と掛け持ちの壱太郎が大高源吾の妹お縫の役で、腰元をやっている。
山鹿流の陣太鼓を聴いた松浦の殿様は赤穂浪士の助太刀をしようと馬に乗る。玄関先に大高源吾が来て、問われるまま、仇討の様子を語る。愛之助の語りは立派。

十二月大歌舞伎 第三部2017/01/02 00:35

2016年12月24日 歌舞伎座 午後6時半開演 2階2列37番

「二人椀久」

勘九郎の椀久はやはりとてもうまかった。松山太夫と二人がバラバラに踊っているのではなく、ちゃんと二人で踊っているように見える。それでも、恋人には見えないのが悲しい。

「五人道成寺」

玉三郎一人の踊りもたっぷり楽しめて、複数で踊る華やかさもあって、とても良かった。

吉例顔見世大歌舞伎 初日 夜の部2016/11/21 22:58

2016年11月1日 歌舞伎座 午後4時半開演 1階13列27番

「御浜御殿綱豊卿」

助右衛門は私の中で染五郎の出世作である。弱っちい助右衛門が綱豊に言い返すところが痛快だった。今回は前回までに比べてはじめから線が太い助右衛門で、後半の意外性が薄くなった。それでも、仁左衛門と染五郎の綱豊・助右衛門は現時点でのベストコンビだと思う。

仁左衛門の綱豊は孝夫時代最後の時から毎回観てきたが、輝くばかりの美貌と美声の綱豊がうまく枯れて、年寄りの意地悪さも感じられて、いい味が出て来た。お喜世の手を握って話しているとき、反対側の手を伸ばすと鴬色の着物の胸のところの金色の模様が流れるように見えて綺麗だ。筋書を読んだり台詞の意味を深く考えたりしない人間だが、何度も観ているとさすがに大体の内容が頭に入って、綱豊の討入りに対する期待がそこここに現れ、助右衛門と話して確かめようとしているのもわかる。

お喜世役の梅枝は危なげないが、可愛げはない。こういう役には向かないのかも。江島の時蔵がいかにも上流婦人で私好み。竹三郎の浦尾が意地悪そうな年寄りで良い。

「松嶋屋」と声が掛かっていた巡礼は仁左衛門の孫だろう。

「口上」
左團次が期待にたがわぬ愉快な口上だったのと、梅玉が先月と同じことを言っていたのが印象的だった。

「盛綱陣屋」
芝翫も左近も良かったが、時政役の彦三郎が印象的だった。口上のときは舌がもつれるような感じであぶなかったが、それが台詞になると常人ではない雰囲気を醸し出していた。花道から去るときの、やや前傾姿勢で、滑らかではない歩き方も、不思議な力のある老人という感じで良かった。

「芝翫奴」
三人兄弟が、何日かずつ順番に踊るらしい。きょうは長男の橋之助。すごく頑張って踊っているが、あまりうまくはない。

八代目中村芝翫襲名披露 十月大歌舞伎 夜の部2016/10/15 01:05

2016年10月10日 歌舞伎座 午後4時半開演 1階16列29番

「外郎売」

大磯の虎は七之助、化粧坂少将は児太郎、舞鶴は右近、喜瀬川は梅丸、と綺麗どころが揃う。珍斎だけは声を聞いても誰だかわからなくて後で筋書を見たら吉之丞だった。
松緑は台詞は下手だが外郎売の早口言葉は問題ない。所作はやっぱり綺麗。

「口上」

藤十郎が襲名の次第を説明し、隣りの玉三郎に「玉三郎さん」と口上を促した。藤十郎は紫、玉三郎はオレンジ色の肩衣で、並んだ二人が華やいで見える。我當はいつも朗々たる声で台詞を言っていたのに、きょうは声が小さくて発音も不明瞭だったのでショックだった。病気したのだろうか。次の菊五郎が「奥さんに叱られながら」と言って笑いをとったのでほっとした。いつもながらユーモラスな口上。

「熊谷陣屋」

いつも見ているのは團十郎型、きょうのは芝翫型、ということで、違いがある。

熊谷直実が赤っ面。最後、熊谷は花道に来ないで、屋台の上にいるままで「16年は一昔」の台詞を言って、幕になる。

「藤娘」

玉三郎は綺麗だが、全体に淡々とした印象。最後は、藤の枝を持って顔の横に花を垂らしながら花道を引っ込んだ。きょうの席からは、鳥屋に引っ込むまでよく見えた。

秀山祭九月大歌舞伎 夜の部2016/09/08 00:17

2016年9月6日 歌舞伎座 午後4時半開演 1階12列7番

「吉野川」
初めて観た。舞台の真中に川があって上手と下手に家がある。浄瑠璃は上手の葵太夫と下手の愛太夫。花道も二本。

下手の家ではひな祭りで、腰元たち(梅枝、萬太郎)が働いている。萬太郎はコミカルな腰元の役にはまっている。
その後出てくる、雛鳥役の菊之助。身分の高い若い娘の役は安心して観られる。そして、上手の家には恋人の久我之助(染五郎)が現れる。
そして、雛鳥の母の定高(玉三郎)が桜の枝を手にして本花道から、久我之助の父の大判事(吉右衛門)が桜の枝を襟に差して仮花道から登場する。七三で向かい合って台詞のやり取りがある。

美しい舞台で繰り広げられる残酷な話。雛鳥の首を落とした後、雛段に飾ってある嫁入り道具のミニチュアを川に浮かべて上手の家に送り、最後に雛鳥の首も送って、切腹して瀕死の久我之助に嫁入りさせる。

歌舞伎らしいトンデモな筋立てだが、立派な役者が演じることで、説得力をもって客に見せている。

吉右衛門は苦手だが高い声で言う最後の台詞は良かった。吉右衛門は高い声のときが好きだ。

「らくだ」
松緑が駱駝役の亀寿を好きなように動かしているのが面白かった。常磐津に合わせて女っぽく踊るところがいい。
クズ屋の染五郎は弱々しく見えるところが合っている。駱駝に押しつぶされたりするところは今月のオリジナルか。
丁稚役の子役がよく声の通る子で、その子が生意気な台詞をわりと長く言うのが面白かった。

「元禄花見踊」
舞台中央にせり上がって来た玉三郎を中心に、若手たちが踊る。児太郎、梅枝あたりが最初わかって、次に歌昇、隼人がわかった。種之助は女形だった。隼人はやっぱりイケメンで、玉三郎の横でポーズをとると、お似合いだった。

四月大歌舞伎 昼の部2016/04/18 23:38

2016年4月16日 歌舞伎座 午前11時開演 1階15列3番

今年初めての歌舞伎座。「不知火検校」が観たくて行ったが、前後の演目も充実していて、自分の体調が万全だったせいもあって、3時45分まであったのに、一瞬たりとも眠くならなかった。

「松寿操り三番叟」
三番叟は染五郎。人形遣いは松也。
松也の声がして、あれ、この演目は人形遣いが謡うんだっけ、と思った。
染五郎の三番叟はピエロっぽい明るさがあって、見ていて楽しかった。
いつも見ている操り三番叟とは違う振付なのか、人形が勝手に踊っている時間が長いように感じた。
松也は、からまった糸を直すところは、ちゃんと笑いをとっていた。

「不知火検校」

金のために坊主を殺した男のところに赤ん坊が生まれ、その子の目が見えない、という因果話で始まる。
その赤ん坊は富之助(玉太郎)。検校の下で按摩の修行をしているが、手癖が悪いので家に返されそうになり。父が検校に詫びに行く。
富之助は成人して按摩の富の市(幸四郎)になる。若旦那役の廣太郎が、いかにも騙されそうで役に合っている。富の市に騒がれて、財布から小判を取り出して投げて逃げた。恋人役が児太郎。
実家で三十両いるので貸してくれないか、と尋ねる旗本の奥方が魁春。三十両借りて、返すあてはあるのか、と思ってしまう。富の市に身体を奪われたあげく、金は取り上げられる。「謡をきいていかないか」と富の市にきいていつも断られる能天気な旗本は友右衛門。
庚申塚で由次郎演じる因果者師を殺すところは加賀鳶の御茶ノ水の殺しを思い出す。
富の市は生首の次郎(染五郎)の勧めで、鳥羽屋丹治(十郎)、その弟の玉太郎(松也)と組んで仕事をするようになる。そして、師匠の検校夫婦を殺し、二代目検校となる。
二代目検校となった富の市はおはん(孝太郎)と結婚する。おはんはいつも猫を抱いている。おはんの母親役は秀太郎。おはんには恋人の指物師(錦之助)がいたが、金のために検校と結婚し、実家に行くと嘘をついて指物師と会っている。検校は指物師に長持ちを注文し、出来上がったときに家に呼ぶ。そして、因果者師と同じように針で殺す。おはんも殺して、鳥羽屋兄弟に二人の死体を指物師が作った長持ちの中に入れさせる。
検校は江戸城の御金蔵破りを計画するが、玉太郎の裏切りで役人に捕まる。
引きたてられていくときの花道での台詞が凄い。幸四郎のような立派な人に、「ごぎたねえ爺や、ごぎたねえ婆になって」と言われると、人生経験豊富な観客の心に響くはずだ。
悪事を重ねて行くのを見るのは「悪の教典」や「凶悪」を見たときのような、ある種の爽快感がある。以前に観た幸四郎の加賀鳶、髪結新三、 河内山宗俊を思い出す。はまり役だと思う。

「身替座禅」

もう何度観たことか、仁左衛門の右京。最初の衣装も、女の小袖も似合う。太郎冠者を「手打ちにしょ」と言って構えると、富樫のようでかっこいい。
左團次の玉の井は、普通に怖い奥方。
太郎冠者は又五郎。又五郎の踊りを見られるのが嬉しい。ふすまの動きにも一々理由を感じさせてくれる動きだ。
千枝、小枝は米吉と児太郎。

十二月大歌舞伎 夜の部2015/12/24 23:48

2015年12月19日 歌舞伎座 午後4時半開演 1階13列18番

妹背山婦女庭訓

「杉酒屋」

観るのは初めてかもしれない。求女をめぐるお三輪と橘姫の三角関係であって、とても楽しい幕だった。

丁稚子太郎役の團子が出てくると一際大きな拍手が来る。のびのびしたいい子、という感じがする。お三輪(七之助)、求女(松也)と並び、求女の言葉を真似て「お三輪どの、もうお戻りか」と言うが、「お戻りか」の台詞の調子まで真似ているのが面白い。
こんな時代はあっという間に過ぎてしまうのだな、と思う。今月は團子親子の「物珍しさ」が印象的で、綺麗なお兄さんたちや、玉三郎出世作のお三輪もかすんでしまった。

橘姫役の児太郎は、被り物をとるとギョッとするようなごつい顔で、お姫様の拵えが似合わないなあ、とは思うが、芝居そのものは悪くない。

「道行恋苧環」

お三輪(七之助)、求女(松也)、橘姫(児太郎)。
求女がいい男でないと三角関係がつまらないが、その点、松也はいい男なので役に合っている。七之助と松也は、今月三度目の恋人役。
この幕は舞踊なので、綺麗ではない児太郎が一番うまかった。

「三笠山御殿」

鱶七役の松緑の台詞が相変わらず下手だ。台詞なしの荒事のシーンになるといい。
豆腐買いのおむらは、中車。初めての女形だ。所作をじっと見ていると、中車がここまで仕上げるのは大変だったろうな、と思う。花道の引っ込みまで、特に破綻はなかった。

玉三郎のお三輪は哀れを感じさせてはまり役だが、きょうの席は前の人の頭でちょうどお三輪がいる舞台前方中央あたりが隠れるので、ストレスを感じた。

十二月大歌舞伎 昼の部2015/12/09 01:30

2015年12月5日 歌舞伎座 午前11時開演 1階14列14番

「十種香」

前半は松也(勝頼)、七之助(八重垣姫)、児太郎(濡衣)で、一番年上が七之助という若い舞台。浅草でトリプルキャストで観たいと思った。年かさの二人は綺麗なコンビ。声も良い。濡衣はもっと年上の人が演じるイメージがあったが、児太郎は落ち着いているので違和感がない。「油断のならぬ~」という台詞で笑いをとっていて、芝居のセンスのある人だと思う。

後半は右近(謙信)、亀寿(白須賀六郎)、亀三郎(原小文治)が出てくる。亀寿がかっこよかった。

「赤い陣羽織」

おやじ役は門之助、女房は児太郎。お代官が中車。児太郎はやはり芝居がうまい。暗闇でおやじとすれ違った話をするときに腰を落として左右に跳ぶときは、ラグビーで鍛えた力強さがある。
前に一度観たときより芝居が長くなっていて、お代官たちが客席に降りるときがある。中車が二階の桟敷に急に現れて、座っている人たちに手拭いを渡して去る。その後、一階に降りて来て、私の横の通路も通って行った。
お代官の奥方は、前回と同じ吉弥。吉弥が出てくると、新作でも歌舞伎の雰囲気が出る。きりっとしていてお代官には厳しいが、村人には優しい。はまり役だ。
馬の孫太郎は前回の方が活躍していた。

「関扉」

松緑の関兵衛は素踊りのときも良かったが、今回も良かった。
七之助の小野小町姫は、八重垣姫と似たような拵えだが、こっちの方が顔が優しく見える。化粧の仕方が違うのだろうか。宗貞役の松也の横で踊っているあたりは、とても綺麗だ。松也と七之助、「十種香」のときと同じで、綺麗なコンビ。
玉三郎の墨染は、今回は少し印象が弱かった。しかし、幕切の見得のときの眼力が強かった。

十月大歌舞伎 夜の部2015/10/06 23:39

2015年10月6日 歌舞伎座 午後4時半開演 2階3列14番

「阿古屋」

きょうは睡眠十分だし、劇場の温度もちょうど良くて体調が良いせいか、退屈なイメージがあったこの芝居だが、けっこう楽しめた。きょうの席は障害物なく玉三郎の姿が見えてとても良かった。

重忠が登場した瞬間、菊之助もけっこう男っぽくなったと思った。玉三郎の舞台には、こういう透明感のある重忠も似合うかもしれない。

玉三郎は、いつもながら衣装も含めて、その動きがすべて美しい。階段の上に倒れているときも、衣装の先、帯の先がちょうど段と重なり、階段より上にある身体と階段上にある部分のバランスがとれ、左右もちょうど同じくらい空いていて、完璧な絵になっている。

岩永(亀三郎)に向かって「あはははは」と笑ってからの悪態は「雪と炭」というフレーズもあって、揚巻を思い出す。

琴を弾きながらの玉三郎の歌や、胡弓のときに岩永が真似をするのも、もう何度も観ているのだが面白かった。胡弓は最後がスイッという感じの音で終わるのが面白い。

最後、下手から榛沢(功一)、阿古屋、重忠、岩永の四人の形が絵になる。

「髪結新三」

松緑の新三は台詞がダメで、親分役の團蔵とのやり取りは聞き取りにくくて内容が頭に入らず、もう寝ようかと思った。しかし、親分に強く出るあたりから盛り返し、大家(左團次)とのやり取りは文句なしに面白く、台詞も全く気にならなかった。狐につままれたような顔で並べた小判を眺めている顔が可愛い。コミカルな役に向いてるのか?
だから、今月はこの幕の楽しい雰囲気のままで終わりにした方がいい。帰ろうとする客を引き留めて最後の幕が始まると、また松緑の台詞がダメでゲンナリする。

お熊役の梅枝は出てくるときの首の振り方が大きい。顔が大きく、衣装の色のせいもあるのか、一人浮きたって目立つ。役不足とも思うが、梅枝がこんな小娘の役をやるのはほんの一時のことだろうから、ありがたく鑑賞した。
お熊と恋仲の忠七の役は時蔵。

左近がまた丁稚の役で出た。大した台詞はないが、「早くおいでよう」と新三を引っ張るのがほほえましい。
仲人の加賀谷藤兵衛の役で仁左衛門、カツオ売りの役で菊五郎が出る。仁左衛門は年齢的にぴったり、出て来ただけで嬉しい。カツオ売りは菊五郎がするような役ではないが、どうせならもっと若いときに見たかった。

七月大歌舞伎 昼の部2015/07/22 00:41

2015年7月18日 歌舞伎座 午前11時開演 1階11列34番


「南総里見八犬伝」
芳流閣屋上の場、からやる。犬塚信乃役の獅童は拵えが似合わないし、立ち回りも下手。犬飼現八役が右近で二人が絡むのでよけいに下手なのが目立つ。
次の円塚山の場では、里見家の若様役が梅丸。今月は昼夜立役だ。
左母二郎は松江。浜路が笑三郎だと、左母二郎の方がとって食われそう。
毛野の笑也、小文吾の猿弥はニンに合っている。
だんまりでは歌昇、種之助、弘太郎の踊りのうまい三人が並ぶ。
梅玉が犬山道節の役で、最後に幕外のひっこみがある。

「世話情浮名横櫛」

見染の場の海老蔵は相変わらず台詞が下手。きょうは座席のすぐ横の通路を海老蔵が先に立って、金五郎役の九團次を引き連れて歩いて行ったので嬉しかった。羽織落としの流れはずいぶん自然になった。
源氏店では、台詞がところどころ早口になって変な感じがする以外は、まあまあ。与三郎らしい美貌を愛でる気にもなれる。
玉三郎のお富が鏡台に向って化粧をしている様子を見るのは楽しい。藤八役の猿弥に化粧をするのは楽しんでやっているように見えた。藤八はお菓子のサンタクロースのような顔になった。
下女およしは、夜の牡丹燈篭でお露をやっている玉朗。笑也みたいな雰囲気の綺麗な女形だ。
獅童の蝙蝠安は悪くはないが、獅童の良さが生きる役でもない。

「蜘蛛絲梓弦」

前に松竹座で観たことがある。歌舞伎らしい派手さがあって客席が盛り上がる。演出が派手なだけでなく猿之助の舞踊が素晴らしい。充実した演目だった。