十二月大歌舞伎 「あらしのよるに」 初日2016/12/10 00:46

2016年12月2日 歌舞伎座 午前11時開演 1階10列27番

今話題の成宮がめいの声をやった映画の「あらしのよるに」を観たのが10年前。南座の公演は観られなかったので、待ちに待った東京公演。すっごく面白かった。

私の席は上手の通路際で、幕が開くと、後ろの方から声がして役者達が通路を歩いて舞台に上がって行った。悪役のぎろ(中車)も通ったし、がぶ(獅童)とめい(松也)も通ったので、良い席だった。

ぎろは、狼の長の座を狙っていて、自分で長を殺し、殺したのは山羊たちだと嘘をつく。

狼のおばば役の萬次郎がいつもながらのいい味。息子の竹松は山羊の役で、本人に近いようなキャラだった。

山羊のみい姫の松枝は、山羊の格好はしていない。普通の歌舞伎のお姫様で、踊ったり縛られたりして、綺麗だった。

音楽は義太夫で、きちんとした歌舞伎だが、がぶが義太夫に文句を言ったり、勝手なステップを踏んだりして、獅童らしさもある。
吹雪に巻き込まれて記憶喪失になったがぶは、めいと再会しても友達であることに気がつかない。隈取の見本のような狼の顔で太い声で悪役のようにしゃべる。それが、合言葉の「あらしのよるに」を聞いた途端に、「ええっ」と、かわいい獅童に変わる。獅童の魅力を堪能できる役だ。

めいの松也は獅童より大きくて食べでがありそうだが、中性的で可愛い。よく跳ねていて、元気そうでよかった。

コメント

_ 窪 ― 2016/12/20 18:06

こんばんは。
”あらしの夜に”懐かしいです!
私も南座で上手10列通路側でしたので松也君に
話しかけられて髪の毛ポンポンして貰えました♪
(花道付近の方は、膝に座って貰えましたよね。羨ましい~。)
南座の時は、中車さん出なかったので、ぎろが誰だったか忘れてしまいました。
絵本を読んでないので“めい”が女の子なのか男の子なのか
わからなかったですが、松也君がとても可愛く、いつもの歌舞伎より巧かった(笑)。
萬次郎さんは、いつも巧いですよね~、去年の阿弖流為も素晴らしかったですよね!
獅童さん、はじめ皆さん新作歌舞伎の方がやりがいがあるのか
熱演で笑って、感動して泣いた事を思い出しました。
休憩時間に南座ロビーで再婚された奥様がお姑さんから譲られた帯を締めて(テレビで取材された帯)ご贔屓さんと話しこまれてました。梨園の妻は、やはり大変そうでした。(中車さんが離婚されてびっくり!団子さんは、歌舞伎続けて猿之助を襲名出来るのでしょうか?)

11月の染五郎さんと仁左衛門さんの現時点でのベストな演目も
観たかったです!東京ローバ様がそこまで言われる演目を
生で観たかったです。せめてNHKが放映してくれないでしょうか・・・。
南座が閉館しているせいか、もう久しく玉三郎さまも観てないです。東京が羨ましい!!

これからもブログを楽しみにしております。
来年もよろしくお願い致します。
少し早いですが良いお年をお迎えくださいませ。

_ 東京ローバ ― 2017/01/01 23:54

窪さま、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

「あらしのよるに」は初演が南座で、遠征できなかったのですごく待ち遠しかったんですよ。
松也くんにかまってもらえて、羨ましい~
南座の狭い座席の間を松也が通るのは大変だったろうと思います。

ギロは、南座では月乃助ですよね。新派に行ってしまいましたが。
月乃助は見映えがするし、歌舞伎もうまいので、かっこいいギロ
だったろうと、中車を観ながら想像しました。
中車の離婚はびっくりしました。猿之助・浜木綿子の婚約時代からデレビで見てきて、
なんかすごい人生だと思ってますが、ドラマはまだまだ続くんでしょうか。
團子は、絶対良い役者になると思います。團子の持ってる運命が
お父さんを動かしたんじゃないかと考えてるんで。

御浜御殿綱豊卿は上演頻度が高く、特に、この二人のコンビは
ここ10年で5、6回やってるんで、そのうち顔見世かなんかでやってもおかしくないと思います。

そういえば、玉三郎はよく南座で舞踊公演やってますよね。新開場のときは絶対何か公演があるでしょうが。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://wonwon50.asablo.jp/blog/2016/12/10/8271404/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。